伊勢国酔夢譚」カテゴリーアーカイブ

北九州、出雲、熊野をつなぐ論考

 資料を整理していて面白い論考に出会った。古い資料なので出典が分からないのが難儀 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚, 寄稿 | コメントする

ブランドだった「伊勢」

子どものころ、吉祥寺に住んでいた。水道道路がまだ舗装されていなくて子どもたちの遊 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

『伊勢国酔夢譚』をKindleで上梓

『伊勢国酔夢譚』(著者:伴武澄、山嶽自由舎)が2月28日、Kindleから上梓さ … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚, 話題 | コメントする

丹生と弘法大師

 江戸時代の伊勢参り一番の土産は白粉だったらしい。今では考えられないことだが、原 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚, 話題 | コメントする

心新たに伊勢神宮へ1420万人 遷宮の年、過去最高

 正月に神社仏閣にお参りすることを「初詣」という。神社は日本の神さまを祀る社殿で … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

海賊と九の鬼たち

 津市に住んでいたころ、時々行っていた居酒屋に「海賊」という店があった。店の造り … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

伊勢と江戸コットン革命

 伊勢神宮のおかげ横丁の角に「もめん屋藍」という藍染布の店がある。藍染め本家の阿 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

来年の式年遷宮控え伊勢神宮で「立柱祭」

 すでに2週間も経ってしまったが、3月4日、伊勢神宮で式年遷宮を控えて「立柱祭り … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

租と税の違いの深い意味

 租税はふだん聞き慣れたことばであるが、「租」と「税」と分けると別の意味があるの … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

国際化に汗流す相撲部屋のおかみさん

 日経新聞3月20日の文化欄。「モンゴル力士 開花の歩み」と題して大島武雄親方が … 続きを読む

カテゴリー: ThinkAsia, 伊勢国酔夢譚, 話題 | コメントする

来年の式年遷宮控え伊勢神宮で「立柱祭」

 すでに2週間も経ってしまったが、3月4日、伊勢神宮で式年遷宮を控えて「立柱祭り … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

伊勢の蘇民将来子孫家門の注連飾り

 師走も半分が過ぎ、注連飾り(しめかざり)が話題になる時期になってきた。そもそも … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

宮大工による槌音が響く遷宮準備

 久しぶりに伊勢神宮を訪ねた。早朝の木漏れ日が美しかった。再来年10月、この地で … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

伊勢神宮の不思議

 伊勢神宮が現在の地に祀られたのは天武・持統天皇の時代とされる。天皇家のご先祖さ … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

観阿弥と芭蕉を生んだ伊賀の風土

 伊賀は甲賀とともに忍者の里である。伊賀は律令制度下の伊賀国であるが、甲賀は近江 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

『潮騒』とゲータ祭と伊勢の営み

 2005年02月16日の日記である。まだ公開していない文章を紹介したい。 日曜 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

大黒屋光太夫眠る白子若松

 2月、氷雨が降る中、大黒屋光太夫のふるさとを訪ねた。津から伊勢若松まで近鉄列車 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

日本最初の紙幣として生まれた「山田羽書」

  江戸時代、伊勢の度会の地にあった山田という町は伊勢参りで大変なにぎわいだった … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

飛鳥山と熊野をつなぐ800年

 飛鳥山について書きたい。JR王子駅の西側にある公園のキーワードは「飛鳥」と「王 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

宇治と山田

 伊勢市はかつては宇治山田町といった。宇治山田町は、明治22年の町制施行によって … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

旅の免罪符

 江戸時代には、神宮などといういかめしい呼称はなかった。単に「お伊勢さん」といっ … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

宗教法人神宮

 津支局長となって最初の仕事は伊勢神宮へのお参りだった。2日後の日曜日に近鉄に乗 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

神戸と神田

 生まれ故郷の高知市に神田という地がある。「こうだ」と呼ぶ。市内を東西に流れる鏡 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

上賀茂の祖先はヤタガラス

 正月に京都の上賀茂神社を訪ねて驚いたことがあった。松村権禰宜によると鴨氏の先祖 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

熊野を考える

 紀の国は木の国であり、鬼(き)の国でもある。つまり紀の国は木がたくさん繁ってい … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

ダイダラボッチと世田谷代田

 職場で「ダイタラボッチ」を話題にしていたら、横の編集スタッフが「世田谷代田」の … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

小嶋千鶴子さんが到達したパラミタの世界

 伊勢にやってきて2年半となったが、来月この地を去ることになった。多くの人にどこ … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

一日神領民として参加した遷宮のお木曳き

 5月6日、一日神領民となって伊勢神宮でお木曳き行事に参加した。 昨年6月、木曽 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

日永追分から白子まで歩いて考えたこと

 16日の日曜日、伊勢街道を一人歩いた。東海道からの分かれ目となる四日市市の日永 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

東海道膝栗毛五編追加 十返舎一九

 川崎音頭に、伊勢の山田とうたひしは、和名抄の陽田(ようだ)といへるより出たるに … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

神武天皇から飛行艇に飛躍する

 紀州・賀田の宿の二階から久々に荘厳な朝焼けを見た。早起きはするものだ。刻々と変 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

伊勢の国津神は神風という思い

 三重県に来てから2年が過ぎた。一番多く訪れたのはやはり伊勢神宮である。平均すれ … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

遷宮の本義-再生の遺伝子

          2006年02月18日(土)神宮司庁 石垣仁久 皇室第一の重 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

日本の祭の原点を見せる尾鷲のヤーヤ祭

 朝起きると一面の雪。昨夜から大寒波が列島を襲っている。午後3時、支局の後輩と津 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

日本の祭の原点を見せる尾鷲のヤーヤ祭

 2006年02月04日(土)萬晩報主宰 伴武澄 朝起きると一面の雪。昨夜から大 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする

砂糖菓子「榧太郎生」と久子さん

榧太郎生の話をメールマガジンで配信した3日後、朝に新聞夕刊に同じような記事が経済 … 続きを読む

カテゴリー: 伊勢国酔夢譚 | コメントする