月別アーカイブ: 2007年3月

桜のうんちく(6) 東円堂の八重桜

古への奈良の都の八重桜 きょう九重に匂ほえるかな  歌の意味の解説は不要であろう … 続きを読む

カテゴリー: サクラ | コメントする

桜のうんちく (5) 旅を枕にした西行

 願はくは花の下にて春死なん  その如月の望月のころ  百人一首では「 … 続きを読む

カテゴリー: サクラ | コメントする

桜のうんちく(1) 在原業平も浮き立った

 世の中にたえてさくらのなかりせば はるの心はのどけからまし  47NEWSとし … 続きを読む

カテゴリー: サクラ | コメントする

桜のうんちく (4) 熊野詣の先達

 もろともにあはれと思へ山桜 花よりほかに知る人もなし  時代は平安後期、場所は … 続きを読む

カテゴリー: サクラ | コメントする

桜のうんちく(7) 近江の「行く春」

さざ浪や志賀の都は荒れにしを 昔ながらの山桜かな  千載集では読み人知らずとされ … 続きを読む

カテゴリー: サクラ | コメントする

桜のうんちく (3) 元祖、西園寺

花さそふ嵐の庭の雪ならで    ふりゆくものは我が身なりけり  小倉百人一首でお … 続きを読む

カテゴリー: サクラ | コメントする

桜のうんちく(2) 青丹によし

 青丹によし奈良の都のさく花の にほふが如く今盛りなりけり  先週の気象庁の桜の … 続きを読む

カテゴリー: サクラ | コメントする