山崎圭次のブルーバードを再現したい

昭和20年代から30年代にかけて、高知市鴨部に山崎内燃機関研究所というバイクメーカーがあった。 当時、高知工業高等学校の講師をしていた山崎圭次氏(故人)が教え子たちとともに創設した小さな町工場だった。90㏄、4気筒エンジン。名前はブルーバード(発売時はブリューバードと発音していた)。

実家は能佐山の豪農。金沢工業学校を卒業後、戦争へ行き、復員後、高知工業高校で講師を務めるかたわら、エンジンの開発に着手した。戦後、国内で雨後の筍のようにバイク会社が乱立した。その数300を超えたというから町々にその技術が多く存在していたはずだ。工業高校で学んだ技術がエンジン製造に役立ったという点に着目したい。実業の技術を学んでいたといえよう。今の工業学校は何を教えているのか?

山崎氏は内燃機関に関する30数件の特許を所有しており、この片田舎にある小さな工場から生み出されるバイクの性能は、当時の国内バイクの標準レベルを越えていた。本田宗一郎は当初、旧日本軍のエンジンを使って自転車につける原動機を作っていたのに対して、山崎は昭和20年代の初めにエンジンを全て自社製としたその技術自体も評価されるものであろう。

特許庁へ行き、山崎氏の特許の数々を閲覧すれば、それに前後するように『本田宗一郎』(本田技研創始者)や『井深大』(ソニー創始者)らの特許を見つけることができる。現存するブルーバードはアクトランドに 展示中、極めて現存数の少ない貴重な実車である。

何でも自分でやってみたいという衝動に駆られる自分としては、今、電動バイクをつくってみたい。10万円内外で実用的な電動バイクなど誰にでもできそうな気がする。手作りバイクが町中を疾走する町を想像してほしい。工業学校に日本の将来を賭けてみたい。

specification

製造 1953年 山崎内燃機関研究所 (高知市鴨部)

エンジン 4サイクル サイドバルブ

単気筒 90cc

圧縮比 6:1

クラッチ型式 乾式多板

駆動方式 Vベルト

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です