子ども食堂 夜学会068

1月6日(金)、今年第1回目の夜学会を開催しました。

テーマは「子ども食堂」について、約10人が集まり、子ども食堂ができるかどうか、そんな形ならできるか議論の場となりました。今月15日に桜井町で子ども食堂を開く予定の上村さんにも参加いただきました。結論から言いますと、まず「子ども」に限ることはない、誰でもが参加できる空間がほしいということになりました。はりまや橋商店街は「もくもくクラブ」という高齢者が集って歌をうたう会があり、毎回100人近くの人が集まる。せっかくそれだけの人が集まるのだから、その場を借りて、参加者に美味しい味噌汁と暖かいおにぎりを振る舞うことになりました。もくもくクラブで感触を得て次の行動を考えようということです。はりまや橋商店街で空き店舗を借りようとすれば月15万円は必要になるが、なんとか大家さんに交渉してみようということも決まりました。昨年、閉店し、すぐに閉店した焼き肉屋は炊事場もあるのでいいのではないかという考えもでました。空き店舗が万が一借りることができるようになれば、子ども食堂だけでなく、いろいろな形で人を集める空間になるでしょう。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です