感染者1億人の意味 夜学会186

日時:1月29日(金)午後7時から
場所:WaterBase
講師:伴武澄

 中国・武漢でコロナが発生してからほぼ1年。世界の感染者は1億人を突破した。そして死亡者は200万人を超えた。100年前のスペイン風邪の死者の数千万人と比較すると少ないように思われる。しかし、当時の医療環境を考えると、重症化したスペイン風邪の感染者が生き延びられる可能性が少なかったはず。

コロナの重症者5%、500万人を「死亡者」とすれば、決して小さい数字ではない。しかもコロナはまだ1年しかたっていない。スペイン風邪は3年にわたり世界中で猛威を振るった。そう考えると、コロナは今、大変な感染症なのだと再認識されてもおかしくない。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です