被災の球磨村でトレーラー・ハウス

球磨村でトレーラーハウスによる仮設住宅がオープンした。画期的なのは被災後約一ケ月での入居である。全国の自治体が備蓄し、被災地に互いに融通すれば仮設住宅のコストは格段に下がるはず。 

熊本県球磨村で2日、村内の総合運動公園内に設置した仮設住宅の入居が始まった。高齢者など支援が必要な33世帯が優先的に入居する。村内では他に仮設住宅113戸の建設を開始しており、9月下旬の完成を目指している。

 仮設住宅は工場で組み立て、トレーラーで運搬が可能な「ムービングハウス」。2018年の西日本豪雨などでも活用された。2DKタイプと、入居者が多い世帯向けに壁を外して2DKタイプ2戸を合わせた2種類を用意した。

 住宅が浸水するなどの被害が相次いだ神瀬地区の80代の夫婦は娘夫婦と一緒に総合運動公園を訪れ、「仮設住宅に入れて良かった」と笑顔だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4118472e25f5e5b48c7037890344725dea0a92cb

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 災害 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です