高知市議に出来ること 夜学会123

3月22日(金)の夜学会

午後7時から

はりまや橋商店街イベント広場

講師は伴武澄

高知市議選にチャレンジする決意をしてから約3カ月。水道民営化に反対する運動を続けてきたが、この間、市議になったらできそうなことがいくつか浮かんできた。多くが夜学会の議論の中から出てきたものです。まずは災害時に向けてトレーラーハウスを導入することです。それから移動市議会。体育館などを利用して市民参加型の「議会」を提案します。水道では過去の地下水源の利用復活です。もう一つはクルーザー来航時のおもてなし。まだまだたくさんあります。続きは今夜のおたのしみ。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会, 選挙 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です