春の光を浴びたクレソン畑

DSC_0360

明日の金曜市のため、鏡村に向かい、鏡の仙人と会った。いつものようにまた、売るモノがない。僕はクレソンさえあれば、いいと思っていた。シイタケ はないと思っていたら、仙人が「おらんくのシイタケをとっていきや」といってくれた。ありがたいことに籠一杯のシイタケを収穫した。

我々のシイタケ畑がこのところさっぱり収穫できなかったのは、山のサルが食べていたからだということが分かった。この時期、ドングリも食い尽くして山には 食べるものがないそうだ。サルはシイタケを好物としているわけではないが、空腹には耐えられずシイタケを食べあさっていたようなのだ。そんな話を聞くとサ ルのことが可哀想になって、シイタケぐらい存分に食べたらいいという気分になる。

仙人のシイタケ畑の後、クレソン畑に行くと春の光を得て、みずみずしいクレソンがいっぱいに広がる。思わず鼻歌が出そうになるほど収穫が楽しかった。

仙人は「そろそろフキもはえちゅうぜよ」とも言っていた。まだ細いが柔らかそうなフキも収穫した。「タケノコもみてみいや」とも言われたが、残念ながら、こちらの方はまだ生えていなかった。終わってみれば、そこそこ売り物がそろったからありがたい。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 話題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です