記者クラブ制度 夜学会040

2月12日(金)

記者クラブが日本独特の制度なのかしらない。だが、大手メディアの記者の多くは記者クラブに通い暮らしている。一応、記者たちが自主的につくった制度だということになっているが、その由来は誰も知らないという不思議な組織である。記者たちはそこで日々、行政や企業などから“発表もの”を提供される一方で、自らの問題意識で取材し、記事を書く。日々、ニュースがあるわけではないが、ニュースに飢えている記者たちはフォアグラのように与えられた餌(情報)に食らいついている。今も昔も同じだ。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です