デンマルク国 夜学会039

2月5日(金)

19世紀、プロシアとオーストリアの連合軍に敗れたデンマークは酪農の故郷を失いますが、現在では有数の豊かな国です。酪農以外に大きな産業のない国が豊かさを保っているのは実に不思議な感じがします。賀川豊彦は、一番になる必要はない、北欧のような国家を目指すべきだと多くの人に伝えています。内村鑑三の講話が岩波文庫に載っています。参加する方はぜひ下記の青空文庫で読んで下さい。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000034/files/233_43563.html

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です