普天間基地の移転問題 夜学会028

今日、10月16日(金)のテーマは「普天間基地の移転問題」を取り上げます。午後7-8時、はりまや橋商店街で行います。

普天間基地の移転問題は1995年の米軍海兵隊員による少女暴行事件に端を発する。以来、20年もの間、解決策を見いだせなかったが、2年前、仲井間知事が辺野古沖の埋め立てを承認したところから、急展開。辺野古沖移転のための工事が始まった。ところが仲井間知事の後を継いだ翁長知事がこのほど、その埋め立て承認を取り消した。沖縄県ではすべての国会議員が辺野古移転に反対、住民の意思もノーだ。国家の意思と県民の意志とが完全に対立した場合、民主主義はどうなるのか。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です