難民 夜学会027

10月2日のテーマは「難民」です。午後7ー8時、はりまや橋商店街で行います。

ヨーロッパではシリアを中心とした難民問題に直面し、10万人単位の受け入れの表明が相次いでいる。安倍首相は国連演説で難民問題解決のための資金供与を約束したが、なにやら他人事のようだった。緒方貞子さんも言っているように、積極外交とはお金を負担することではなく、国民自らの負担となるような決意を示すことなのだと思っている。万単位の難民受け入れができないような国家は世界の痛みを共有できるはずもない。いま日本が求められているのは、世界の痛みの共有であろう。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です