高知の自由女神

1890年、明治23年9月15日、土陽新聞に掲載された挿絵。着物姿の女性が背に担ぐ旗に「自由」の文字がある。何のことはない。ニューヨークの自由の女神のコピーである。日本の辺境にあった土陽新聞の絵師が地球の裏側の完成間もない記念碑を知っていたのだから驚きだ。「自由の女神像はアメリカ合衆国の独立100周年を記念して、独立運動を支援したフランス人の募金によって贈呈され、1886年に完成した。」(Wikipediaから)松岡館長に案内されて、自由民権記念館を改めて見学した。何度も通っている場所だが、行く度に新しい発見がある。というより、人間の目は節穴だらけであることを示している。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会, 話題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です