電子版『小説キリスト』7月31日発売

賀川豊彦著『小説キリスト』の電子版をKindle Shopで発売します。7月31日発売です。これから賀川の作品を相次いでアップする予定です。価格は520円。ぜひともご購入下さるようお願い申し上げます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B012AZS2RK

賀川豊彦が描く小説風キリストの生涯。自らのスラムでの救済活動をイエス・キリストの教えと行動に重ね合わせたところに面白みがある。宗教書というより も、西洋文明の教養書。賀川はそのイエスをキリスト教の創始者ではなく、「最初の宗教改革者」として位置づけているのが面白い。ちなみに二番目の宗教改革 者はマホメットであり、三番目がルターである。西洋のキリスト教の後ろにユダヤ教があり、キリスト教を生んだそのユダヤ教のもう一つの分派としてイスラム 教が誕生したことはまぎれのない歴史的事実なのだろうということを思わせる。(紹介文)

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 賀川豊彦 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です