安倍安保法制を嗤う 夜学会020

台風11号は去りました。今日、7月17日のテーマは「安倍安保法制を嗤う」です。

昨日、四国・近畿が台風の暴風雨に見舞われる中、与党は衆院本会議で安保法制を可決した。なぜ1日も待てないのだろうか。政権は国民の安心安全よりも安保法制の成立を優先したのだ。安倍政権が待っているのは、今後の違憲訴訟と来年の参院選。支持率の急降下を期待したい。夜学会はよさこい祭が終了するまで、しばらくお休みします。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です