四国の宝、賀川豊彦 夜学会015

明日6月5日(金)のテーマは「四国の宝、賀川豊彦」です。午後7時からです。

戦前・戦後、世界で一番名前の知られた日本人といえば、賀川豊彦である。神戸のスラム救済から始まり、労働運動、農民運動、協同組合運動、平和運動、およそ運動と名の付くもののほとんどが賀川豊彦から始まっている。同時に小説家、詩人でもあり、クリスチャンとしてはアメリカで「20世紀に最も神に近い人物」いわれ、戦後、占領下に首相になるとも言われた。そんな人物が教科書にも書かれず、忘れ去られている。神戸で生まれ、鳴門で育った、この人物を四国の宝と呼びたい

http://k100.yorozubp.com/

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です