笑いが止まらないスタンド業者

 5月1日からの首都圏のスタンドの80%がガソリン価格1リットル当たり約30円引き上げ、160円前後にしたのだそうだ。全国石油商業組合連合会の調査である。
 やっぱり。
 この1カ月間、スタンドは”被害者役”に徹した。4月30日まではそう装った。夜が明けるとほくそ笑んだ。多分そうだろうと考えている。値下げが徹底されるのに1週間近くかかったのに、値上げは翌日からだから笑いが止まらないはずだ。
 一つの持論がある。経営者はもうかっているときはだんまりを決め込み、損しそうになると大げさに”悲鳴”を上げる。マスコミはそれをあおる。そんなパターンを何度も見てきた。景気後退局面や円高ではいつもそうだった。
 ガソリン税騒動もそうだった。4月1日からの値下げの時、スタンド業者たちは「高い税率のガソリンでの値下げせざるを得ない。何千万円の損だ」と騒いだ。政府は緊急融資策まで打ち出した。
 ガソリン税騒動はなんだったのか。
 おかげで福田首相の内閣支持率は20%(朝日、読売)まで下がった。共同通信の調査では19%である。福田さんはここまで低下するとは考えなかっただろ う。それでも政府・与党は13日にガソリン税などを08年度から10年間、道路整備に充てるとした道路整備財源特例法改正案を衆院で再議決させる方針を決 めた。
 もう一度「衆院での再議決」を決行すれば、福田さんの政治生命は終わりだろう。連休の中国の胡錦濤総書記の訪日が花道となるのか。

【関連コラム】
 失われた土木国家から脱却のチャンス 2008年05月01日
 出光32円値上げ、値下げは22円だったはずだ 2008年04月30日
 ガソリン税の衆院再議決に大義はあるか 2008年04月28日
 軽油税の方がなぜガソリン税より安いの? 2008年04月27日
 ガソリンは本当に再値上げされるのか 2008年04月24日
 ガソリン値下げに喝采 2008年04月02日
 始まった値下げのスパイラル 2008年04月01日
 アメとムチを織り交ぜた租特法改正法案のずるさ 2008年03月24日
 ガソリンが25円安くなる日はやってくるのか 2008年01月23日

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 暮らし パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です