下水民営化に突き進む須崎市 夜学会116

2月1日(金)の夜学会

時間:午後7時から

場所:はりまや橋商店街イベント広場

 高知県須崎市がコンセッション方式による下水道事業の民営化に突き進んでいることがわかった。月内に優先交渉者が決まる。応札できる条件は①過去5年間に公共下水道の全体計画、事業策定業務の実績を有する②県内に営業所または支店を有する-ものに限定されている。

 基本的に公営である日本で、「公共下水道全体」を業務として行う民間企業はいるはずもない。須崎市は日本カワウソがかつて棲息していた地。しんじょう君が泣いている。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会, 選挙 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です