仏子園の挑戦 夜学会060

10月21日(金)夜学会

場所はいつもの通り、はりまや橋商店街イベント広場です。

石川県には雄谷良成さんのつくった社会福祉法人「仏子園」があり、その運営に全国の注目を集めている。雄谷さんの本職は住職。青年海外協力隊でドミニカ共和国に行き、帰国後、北国新聞に務めた。雄谷さんの福祉の原点にあるのは、お寺で一緒に育てられた障害者だ。子どものころから障害者と一緒だったから、障害者を「隔離」するのではなく、健常者と「共生」することが自然だと考えている。福祉事業はもちろん障害者から始まったが、いまでは高齢者も含めて、学生は外国人と一緒に暮らす町づくりに発展している。一昨年開所した「シェア金沢」は高齢者住宅を核に「ごちゃまぜ」の暮らしを提案した「町」で、県外から多くの高齢者が住み着いており、政府が主導する「地方創生」事業の持てる地区になっている。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です