築地市場移転問題 夜学会056

本日9月2日(金)夜学会

場所は:はりまや橋商店街イベント広場

時間:午後7時から

新しく都知事になった小池百合子知事は、今年に豊洲への移転が決まっていた築地市場問題に突如待ったをかけた。築地市場は90年代からほぼ20年にわたる東京都の懸案だが、移転問題は二転三転してきた経緯がある。移転先の豊洲の土壌汚染、大幅な経費増大だけでなく、築地跡地の再開発もからんで、駆け引きが続いている。小池知事による移転延期発言に戸惑いをみせる都民も多かろうと思う。単に移転を延期するだけなのか、はたまた移転を中止することもありうるのか。情報公開を旗印に都知事に当選しただけあって、後に引けないはずだ。決断の背景に何があるのか、考えてみたい。

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です