ヤマモモとツガニで中国人を誘致せよ

作家の莫邦富氏が高知を訪れて、高知を中国人にアピールするには「ヤマモモとツガニに限る」と言っている。ヤマモモは華南地方が原産で南方の中国人 が愛する果物の一つ。ツガニは上海カニと見分けが付かず味も変わらないのに格段に安い。どちらも高知では見向きもせられず、どちらかといえばすれられた存 在。莫氏の記事を読んで、なるほど、これは早い者勝ちだなと思った。

ヤマモモは高知のどこにでも自生しているが、いくつも種類があるようで、名前は知らぬが実の大きくて甘いやつは有望だ。冷凍保存できるのがいい。茘枝のように冷凍して、デザートにできるし、シロップに加工することもできる。

一方、ツガニの方は中国人が大挙してやって来て爆食したら、天然物だからすぐに枯渇する。どうすればいい?
http://diamond.jp/articles/-/81504?page=2

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です