クスノキとハリウッド 夜学会011

第11回はりまや橋夜学会 テーマ:クスノキとハリウッド

 高知では神社の境内に繁るクスノキは江戸末期から大正年間にかけて日本の主力産品だった。絹は女性のストッキングが最大の用途だったが、クスノキの場合、精製して生まれる樟脳が防虫剤として重宝された。そこへ一つの発明が起きた。樟脳からプラスチックが生み出されたのだった。セルロイドである。 セルロイドに着目したのはコダックだった。ガラス板の代わりにセルロイドの樹脂に銀の粒子を塗れば、写真機が小型化できる。35mmフィルムの誕生である。フィルムの応用を考えたのがエジソン。映画の始まりである。

5月1日(金)午後7-8時

はりまや橋商店街・魚の棚南詰の空き店舗

講師:伴 武澄

コダックとロチェスター大、そして樟脳

http://www.yorozubp.com/2011/2012/01/post-1393.html

隠されたクスノキと楠木正成(三)

http://www.yorozubp.com/0805/080520.htm

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 夜学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です