今年2012年5月7日、151回目のタゴールの生誕日を迎えました。タゴール生誕150年記念会は予定の行事全てを無事終了することができました。ひとえにインド大使館、日印協会を初め大学、各団体、またご寄付は個人の皆様から貴重なご浄財をいただきましたお陰と感謝しております。何とか一年間活動を全うすることができました。皆様に厚く御礼申し上げます。

続きを読む


■04月21日 シンポジウム「タゴールと日本女子大学」(日本女子大学目白キャンパス 成瀬記念講堂)
■03月19日 シンポジウム「タゴールから日本と世界へのメッセージ」(国際文化会館・岩崎小弥太記念ホール)
■01月14日 私の主人 我妻絅子
■12月18日 講演会「タゴールと日本、天心・岡倉覚三とその周辺」(横浜美術館)
■12月17日から タゴール生誕150周年「タゴールと三溪ゆかりの日本画家たち」(横浜美術館)
■12月05日 「アジア・ルネサンス−渋沢栄一、J.N. タタ、岡倉天心、タゴールに学ぶ」(国際文化会館)
■11月26日 詩の朗読講座 第2回「『タゴール詩の朗読 - 描いた絵で刺繍絵本を作る」(大倉山記念館)
■11月13日 タゴール歌曲と踊り(さくら市ミュージアム)
■11月11日 タゴール詩の朗読会@ラジオ・ニュームンバイ(日本橋−ウィズスクエアペントハウス)
■11月04日 講演会 インドの詩聖タゴールと日本文化 (大倉山記念館)
■11月01日−30日 資料展 インドの詩聖タゴールと大倉精神文化研究所 (大倉精神文化研究所)
■10月29日 西葛西ディワリ
■10月24日 タゴール瑛子さんとの夕食会
■10月22日 「慶応義塾とタゴール」に120人が参集
■10月22日 慶応義塾とタゴール(慶大三田キャンパス)
■10月22日 タゴール講座 大倉山で
■10月15日‐16日 写真展示 「タゴールが生きた地、ベンガル」 ディワリ・イン・ヨコハマ (山下公園)
■10月08日 Durga Puja
■10月08日−12月25日 タゴール生誕150年記念展「インドを描いた作家たち」(さくら市ミュージアム)
■10月08日−15日 コンドカル・アニスル・ラハマン写真展 「笑顔で生きるバングラデシュの子供たち」 (ギャラリー路地裏)
■10月05日 東京混声合唱団代225回定期演奏会 Prayer/祈り  詩:タゴール 作曲:岸野末利加(東京文化会館)
■09月23日 「インド近代画壇の形成とタゴール一族」(たばこと塩の博物館)
■09月14日 日本とインドの文化の橋わたし−タゴールの生涯を通して 日野原重明(インド大使館)
■07月26日 華麗なタゴールダンスの夕べ (インド大使館)
■07月23日 講演会「岡倉天心とタゴールが求めた『東洋の理想』とは?」(横浜印度商協会)
■07月10日 「タゴールの目指した美の実現」(神戸・賀川記念館)
■07月09日 現代、タゴールを読む NIHUプログラム 現代インド地域研究 外大拠点(FINDAS)第4回研究会
■06月28日 タゴール生誕150年記念式典(インド大使館)
■06月28日 憧れのインド大使館への道のり〜[板倉リサ]
■06月01日 タゴール生誕150年記念会パンフレット
■05月08日 タゴール歌曲の夕べ 五反田文化センター
■04月30日 Bipode More Rokka Karo タゴール
■04月26日 タゴール生誕150年記念会概要とご協力のお願い
■04月25日 タゴール氏のことども 横山大観
■04月19日 印度と日本 サー・ラビンドラナート・タゴール
■04月04日 ガンジーの国はどこへ 人の弱さを抱きとめる 「ニッポン人脈記」朝日新聞夕刊
■04月03日、タゴール生誕150年記念会が発足
■03月08日、第7回準備委員会で記念事業案の大枠を決定
Indo-Bangla celebration of Tagore 150 Daily Telegraph



〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-18 東京虎ノ門ビル1階 MBE330 タゴール生誕150年記念会私書箱 FAX:045-788-2816
E-mail:tagore150japan@yahoo.co.jp