上町・小高坂の科学者たち 夜学会164

7月24日(金)午後7時から
テーマ:上町・小高坂の科学者たち
講師:森本琢磨(龍馬の生まれたまち記念館学芸員)
場所:WaterBase

「高知市立龍馬の生まれたまち記念館」は、その名の通り、坂本龍馬の生まれた高知市上町に建つ博物館である。当館では、龍馬の研究・情報発信活動に加えて、上町(旧北奉公人町)、本丁筋、水通町、通町、南奉公人町、築屋敷及びそれに隣接する小高坂地域(旧小高坂村=現在の北八反町、八反町一~二丁目、新屋敷一~二丁目、城北町、小津町、桜馬場、越前町一~二丁目、山ノ端町、大膳町、西町、宮前町、三ノ丸)に関する歴史も調査している。今回は、その一環で、同地域ゆかりの科学者たちを紹介したい。
◆田(た)中(なか)茂(しげ)穂(ほ)(魚類学 1878-1974、上町の南奉公人町生まれ)
◆蒲原(かもはら)稔(とし)治(じ)(魚類学 1901-1972、年頃、西町在住)
◆近(ちか)重(しげ)真(ま)澄(すみ)(化学 1870-1941、上町の北奉公人町で生まれ)
◆吉永(よしなが)虎(とら)馬(ま)(植物学 1871-1946、西町に研究室)
◆寺(てら)田(だ)寅(とら)彦(ひこ)(物理学 1878-1935、小津町在住)
◆宇田(うだ)道隆(みちたか)(海洋物理学 1982-1905、小坂坂村生まれ)
◆島村(しまむら)虎(とら)猪(い)(獣医学 1882-1965、小坂坂村生まれ)
◆関(せき)勉(つとむ)(天文学 1930- 、通町生まれ)

伴武澄 について

新聞記者を定年退職後、高知市へ帰り、旧鏡村でシイタケとクレソンを栽培しながら、はりまや橋商店街で毎週金曜日に露天を商い、その夜に「夜学会」を開催するスーパーおじいさん。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です